寝汗体験.com-症状の特徴・原因・微熱

ひどい寝汗で体重が落ちていった体験談。毎日の微熱・布団がぐっしょり濡れるほどに多い寝汗をかく病気の原因を探りました。

◆大量のひどい寝汗をかく症状が定期的に発症

 寝汗をかくのは例えば夏場の蒸し暑い夜であれば誰もが意外にも大量の寝汗をかくことはあるかと思います。
 子どもや赤ちゃんは新陳代謝も活発であることから特に多くの寝汗をかくと言われますが、私自身が寝汗に悩むようになったのは成人になってからのことです。
 ですから大人になってからひどい寝汗症状を初めて発症した方の場合は病気の可能性なども含めて少しでもご参考になる部分があるかもしれません。
 尚、最も最初に寝汗が多いと感じ始めたのはおそらく2年ほど前のことです。
 正確な日にちまではさすがに覚えていませんが、冬場であるにもかかわらず朝起きてみると布団に小さな丸い水のような跡が残っていたのが初めての発見でした。
 見た目で言えば正直なところおもらしに見えなくもありませんが、ひどい寝汗をかいた後は決まって朝がどっしりと思い、けだるいような強い疲労感を得ていました。

【私の寝汗体験の初期症状】
◆体がどっしりと重くけだるい
◆睡眠しただけなのに強い疲労感を感じる

 一時は病気かな?と考えたこともありましたが、この強い疲労感は数日の話でその後はまた特にひどい寝汗に悩むようなことはなくなっていました。

(続きを読む…)

◆36.9度〜37.1度くらいの間の微熱が毎日続き体重が減少

 ひどい寝汗に悩まされるようになって約半年くらいの期間が経過した頃だったでしょうか?
 病気と思われる症状が再発しはじめた時期は明確には覚えていませんが2月〜4月くらいの冬の終わりかけから春先くらいであったと思います。
 信じられないかもしれませんが、この頃は気がつくと寝ている間に自分の服を脱いでしまうような日々も多く続きました。
  寝ている間に服を脱いでしまったり無意識の行動をとる病気に夢遊病と呼ばれる病気がありますが、そのような病気を発症していた訳でもありません。
 もちろんこれら行動は無意識なのですが、まだ寒いこの時期に全ての服を寝ている間に脱いでしまうので朝はがたがたと震えながら起きることもありました。
 体自体はそれでも微熱をもっている感覚でこれだけの量の寝汗をかくということは体温も相当あったかくなっている状態。イメージで言えば運動の真っ最中のような状態で眠っていることが想像できます。
 一応ここで、この時期の自分の症状の特徴をまとめておきます。

(続きを読む…)

◆病気が原因にあるとしか思えない状態にありながらも病院の検査まで約半年

 大量の寝汗と微熱に悩まされるようになってから、朝に服を着ていなかったりする日が多くなり、服を着ている場合でもTシャツはもうぐっしゃり濡れてしまっている状態が毎日続きました。
 私の妻が毎日布団を天日干しで干してくれるようになり気がついたのですが、私が寝ていた布団の裏側には黒い点が幾つかあることに気が付きました。
 これはもしや?
 悲しきかな…そうです。何と「カビ」でした。
 ここまでひどい症状になる前から定期的に布団は干してくれていたのですが、さすがにカビを見つけたので布団はすぐに買い替え、通気性の高い素材の布団に交換しました。
 尚、この頃になると寝汗は更にものすごい量になり、布団は自分の背中から腰のあたりにかけて上半身を中心に大きな丸を描くようにぐっしょりと濡れており、朝に布団をめくるとフローリングの床にまでもその汗が染み付いているような状態にまでなりました。
 多汗症などについても調べましたが、多汗症の主な発症部位とは大きく異なり状態もまた違うもののように感じます。
 多汗症の場合は、部分的に激しい汗が出る局所性多汗症と、からだ全体的に大量の汗をかく全身性多汗症と呼ばれる2種類の症状があります。
 この多汗症は微熱症状も出るため、自分の症状に似ている部分もありますが、もし多汗症になっているのであれば、上半身を中心に全体的に発汗していることからもおそらく全身性多汗症に該当するかと思います。

◆一晩で1.5キロも痩せる

 びっしょり濡れた布団は娘たちが気がつけばきっとおねしょと勘違いされることでしょう。
 これは大げさでも何でもなく、おそらく500ミリのペットボトルを1〜2本、布団にかけても足りないくらいの量のひどい寝汗なのです。
 実際に眠る前の体重を測定しておいて朝型起きてすぐに服を着替えて測定すると約1.5キロ近く体重が減少していることも確認できました。(一晩だけで1.5キロです)

 ダイエットが必要な自分にはありがたい話にも思えますが、このひどい汗の量はやはり普通ではありません。

(続きを読む…)

◆風邪が治っても微熱が全く下がらない!病気の心配が急激に高まる

 ここまで長々と今までの状況に至るまでの経緯を記載してきましたが、同じような心配や不安を持っている方がいるかもしれないので自分の体験した状況をまとめておくことにしました。
 このように体重の減少や大量の寝汗症状に気づくようになり、実際に病気の心配が一気に高くなったのは、微熱があることに気が付きはじめてからのことです。
 風邪気味の日が続き、一時期熱を図っていたら熱が一向に下がりません。
 もう体調も症状も完全に治っており風邪症状は感じない状態であっても熱が全く下がらないのです。

◆37度近い微熱が常時続き全く下がる気配がないのが特徴

 微熱症状に関しては、自分の症状の特徴の記録の部分でもお話ししましたが、この微熱は37度近い微熱が常時続き、全く下がる気配がないのが自分の特徴です。
 時々通っていた馴染みの病院の先生も最近の風邪はしつこいから、もし下がらなかったらもう一度来てください。と言っただけで、自分もそうなのかな?としばらく思っていました。
 しかし寝汗だけが気になっていた時は「体調がおかしいな?」と思いながらも特に深く気にすることはありませんでしたが、さすがに微熱が続くのは怖いものがあります。

◆自分が想像さえもしたことがなかった病気がずらり

 長期的に続く微熱は冷静に考えれば異常事態です。
 そこで微熱についてインターネットで何となく調べてみることにしました。
 そして調べてみた結果を見て愕然…そこには結核や膠原病、自律神経疾患、そして甲状腺疾患やバセドウ病、更には肝機能障害など自分が想像さえもしたことがなかった病気がずらりと出てくることに気が付きました。
 これらの病気の症状には、激しい寝汗や微熱といった共通の特徴があり、自分の症状とあまりにもぴったりと当てはまることから病気の可能性を真剣に考え始めるようになったのです。
 全くのん気な感じがしますが、まず私が相談したのは毎月アトピー性皮膚炎の診察で長年通っている皮膚科の先生でした。

◆大量の寝汗や継続的な微熱などを生じる代表的な病気

 結果的にはこの皮膚科の先生に最初に行ったのが良かったのですが、普通は複数の病気の可能性が検討される場合は大学病院などで検査を受けるものです。
 尚、大量の寝汗や継続的な微熱などを生じる代表的な病気には以下のような病気があります。

★自律神経失調症
★精神性多汗症
★甲状腺機能障害に関わる病気
★結核
★膠原病
★バセドウ病
★肝機能障害
★関節リウマチ
★白血病

 実際にはこの他にも様々な病気があるようですが、寝汗と微熱の双方が関わる可能性が高い病気は以上に掲げた病気が代表的な病気となります。
 特に膠原病や自律神経失調症は代表的な疾患と言えるかもしれません。

◆女性の場合は更年期障害の可能性も

 微熱や寝汗が続く病気に関しての補足です。女性の微熱症状や寝汗に関しては生理不順や更年期障害など女性ホルモンの分泌に関わる症状の発症が大半を占めるそうです。

 自分は男性である為当然該当しませんが、今回調べてみて驚いたのは特に女性に自分のような寝汗や継続的に続く微熱症状の発症が多い事でした。

 特に閉経期を迎える女性は、閉経後に女性ホルモンの分泌量が極端に減少するため、人体に様々な変調が見られるようになるようです。

(続きを読む…)

◆アトピー性皮膚炎との関連性の確認

 個人的な話になりますが私は小学生の頃からアトピー性皮膚炎に悩まされているアレルギー性疾患を持っております。
 幼稚園の時は特にアトピーを発症したことはありませんでしたが、小学校の時に親が家を建て団地から新しい家へ引っ越した後に症状が徐々に強く出てくるようになりました。
 それからは症状が強く出るとステロイド剤を使用し、おさまってくると微量のステロイド剤を含むワセリン主体の保湿剤を使用するという流れを何十年も繰り返してきました。
 尚、パッチテストで反応したアレルゲンはハウスダストのみ。
 ハウスダストとはどこの家にも住み着いているとても小さなダニやダニの死骸などのことでこのダニに体が過剰に反応するのがアトピー性皮膚炎を発症しているひとつの要因とのことでした。
 このような経緯もあり皮膚科には毎月のように通い続けているのですが、馴染みのある皮膚科の先生に今回の寝汗と継続的に続く微熱について相談してみることにしました。
 先生はまずアトピー性皮膚炎の人がステロイド系の飲み薬や塗り薬を継続的に使用し続けることで、自律神経系に影響を与える可能性があること。
 またステロイド剤の使用を急遽やめた時なども大量の寝汗症状に悩まされるケースがあることを教えてくれました。
 この日の受診時は全身にポツポツと症状が出ているいつもの状態でしたが、背中部分が全体的に赤らんでいると指摘を受けました。
 こうして見るとアトピー性皮膚炎と寝汗症状に関しても関連性をもつケースがあることもわかります。

(続きを読む…)

◆2度目の診察で検査の為の大学病院への紹介状をもらう

 前回の皮膚科の診察から2週間が経過しましたが、特に症状の改善が見られないまま皮膚科の診察に訪れました。
 自分は暑いお湯の湯船に浸ったり、シャワーも40度以上のお湯を浴びるのが好きなのですが、この行為は軽い火傷状態になるため厳禁と言われ、めんどくさかったアトピー性皮膚炎の薬と保湿剤をこの期間はしっかり継続して続けました。
 驚くことに、初めて先生の指示通りの治療を行っただけで今までのアトピーの症状はかなり改善された部分もありました。
 今までも同様のことを言われてきたのですが、保湿が面倒であったため、1日1回か2日に1回しか塗り薬を塗っていなかった事を後悔しました。
 しかし問題の寝汗症状と37度台の微熱に関しては一向に変化がありませんでした。
 寝汗や微熱に悩んだことがある方は、色々調べ物をしていく内に多くの病気の可能性があることが解ってしまうため強い不安を感じた経験をお持ちの方も多いかと思います。
 まさしくこの時の自分がそのような状態でした。
 「これはもしかして結核とか甲状腺とかの病気ではないでしょうか?」
 おそるおそる聞いてみると、「う〜ん、どうだろうねぇ」と言いながら首や背中を相変わらずチェックしています。
 「症状がどうも怪しいかと思うんですが・・・・」
 先生は大丈夫とは一言も言いませんでしたが、「ちょっと違うと思うなぁ…」と言いながら、最後に「一度念のため検査を受けてみましょう。」と言って机に置いてあった用紙に何かしらの文字を書き始めました。

(続きを読む…)

◆血液検査と尿検査が終了!仕事に戻るため検査結果は後日聞くことに

 大学病院の検査は2日後に予約を入れてもらっていたので直ぐに検査が実施されました。
 検査は血液検査と尿検査、どういうわけかレントゲン撮影も数枚とりましたが、検査は30分ほどで終了。
 初めてであるにも関わらず優先的に検査を実施してもらえたのは、予約と言うよりも紹介状があったのが大きかったようです。
 この日は仕事にどうしても戻る必要があったため検査結果は結局後日聞くことになりました。
 尚、検査でレントゲン撮影を行ったのは事前に発熱が続いている点と寝汗が続いていることを皮膚科の先生が伝えてくれていた為であり、肺炎や結核などの確認を行うためだったようです。
 しかし検査を受けた後は、まだ結果を聞いていないにも関わらず何と言いますか少し安心したような気持ちになりました。
 やはり病気の不安を抱えたまま過ごしているのは体にも良くありませんし当然精神的にも良いことは一切ありません。
 もし結果が良かろうとも悪かろうとも、検査を受けてしまえば病気に対する覚悟も同時に生まれてくることをこの時に感じました。

(続きを読む…)

◆検査結果は全て異常なし!しかし寝汗も微熱も相変わらず止まらない不安

 検査結果が出る当日は朝から仕事を抜け一番に病院に行き説明を受けることになっていました。
 そして気になる検査結果ですが、結論から言えば「全て問題なし」との結果が出ました。
 甲状腺や結核、バセドウ病などありとあらゆる病気の可能性は低く、血液検査と尿検査による検査結果だけの判断では病気の可能性が今のところは少ないとのことです。
 また肝機能が弱ると寝汗が強くなるなどとも聞いておりましたが、ガンマGTPなどの数値も正常で免疫機能の白血球を示す数値であるWBCと呼ばれる数値も問題なし。
 検査結果だけではいたって問題が見当たらないという見解である説明を受けました。
 しかし、この日も微熱症状は継続的に続いており、病院での体温も37度ジャストと症状は一向に変化しておりません。
 大学病院の先生は女性の先生で、ひとつひとつの検査数値の基準値やこの数値がどの病気に関与しているのか?について詳しく説明をしてくれました。
 そして残る可能性としては「自律神経失調症」の可能性が検討されるとのお話を受けました。
 病気への不安が高かった為、自律神経失調症についても自分なりに多少調べてはいましたが、逆にひとつでも可能性が見つかった事で少し安心すら覚えました。

(続きを読む…)

◆自律神経失調症の症状に寝汗・微熱・息切れ・疲労感の4つも該当

 自律神経失調症と寝汗の関係は、調べていくうちに密接な関係があることがわかってきました。

 この病気は交感神経と副交感神経と呼ばれる2つの神経で構成されている自律神経が何らかの原因によってバランスを失い体調を崩し様々な症状を発症する文字通り自律神経にトラブルを生じる病気です。

 ただ、医学的にも明確な定義が難しいとされているようで、私自信も検査後の治療を開始する際に、この病気の可能性が検討されるが確定はできていないという事を伝えられました。

◆自律神経の働きっていったい何だろう?

 自律神経の働きは自分の意思を必要とせずに動いている人体内の組織をコントロールすることが最大の目的にあります。

 少しわかりにくいですが、例えば筋肉は腕を曲げようとすると肘関節をまたいでいる上腕二頭筋と呼ばれる筋肉が収縮することで腕が曲がります。

 これは自分の曲げよう!とする意思が神経から送られてくる為に腕が曲がるわけです。

 しかし、心臓や肺、胃腸、そして血管やリンパ腺などの組織は、特に意識を必要とせずに活動しています。

 心臓に「動きなさい!」と意識するなんてことは確かにありません。

 このように自分の意思を介さずにヒトが生きていく為に必要な活動や調整を行なっているのが自律神経と言うことですね。

◆自律神経失調症の主な症状の特徴の一覧

 寝汗は自律神経失調症のひとつに症状に過ぎません。

 しかし私のような桁違いに多い寝汗や、何ヶ月も継続的に続く微熱を発症する点は、自律神経失調症のよく見られる症状にぴったりはまります。

 この病気の症状の特徴、多い症状には以下のような症状があります。

【自律神経失調症の症状の特徴】
☆めまいがする
☆脈が速くなる
☆血圧の激しい変動
☆立ち眩み
★動悸・息切れ
★倦怠感・疲労感が強い
☆手足の冷え性
★発汗・寝汗症状
☆頭ののぼせ・頭痛・頭重感
☆不眠
☆食欲不振
☆耳鳴りがする
☆吐き気がする
★微熱が続く
☆過呼吸症状が出る
☆生理不順・月経がこない
☆情緒不安定になる
☆不安感

 以上は、自律神経失調症の代表的な症状ですが、★マークで示している部分は自分が該当している症状です。

◆寝汗や微熱はもちろん息切れもあてはまる

 血圧の変動や脈拍数値の測定はしていない為、もしかしたら気づいていないだけかもしれません。

 生理不順などは女性に見られるようですが、情緒不安定や不安感など精神的な症状は一切ありませんでした。

 しかし息切れ症状は確かに感じており、軽くスポーツをすると想像以上にきつい体感があり、太ってしまった事が原因かな?とも思いましたが、どんどん体重が減少していく程に息切れが厳しく感じられるようになってきたため、症状としては当てはまっていると考えられます。

 また発汗、寝汗、微熱、疲労感に関してはここまで述べてきた通りであり、自律神経失調症の症状に該当するものは幾つも確認できます。

◆自律神経失調症の診断はやはり難しい

 自律神経失調症の診断をもし受けたことがある方は、この病気がなんとなく不明瞭な病気であるように感じた方が多いのではないでしょうか?

 この病気に限る話ではありませんが、病気と断定できない状態で治療を開始していくことへの新たな不安。

 もちろん何もしないよりは良いのかもしれませんし、こういった患者側への不安がある点も含めて、しっかりと事前に説明を行った上で治療を開始していく医師の判断は的を射た治療課程であると感じます。

 但し、やはりこのお薬が効くかどうかは使用してみないとわかならいこと。

(続きを読む…)

◆糖尿病は自律神経のバランスを乱す原因病?糖尿病と発汗の関連性

 寝汗が続く場合や微熱症状が継続的に続くケースでは糖尿病の可能性も検討する必要があります。

 私が行った検査では結核の有無を確認するレントゲン撮影や血液検査、そして尿検査がありました。

 検査後、大学病院の先生がまず確認していたのはこの糖尿病だったようです。

 「糖尿病は大丈夫みたいですね、甲状腺機能も数値的には問題なし、結核もありませんね」

 このような話を結果表を見ながら話していたので、糖尿病は寝汗と大きな関係があるのだと思いました。

 前項でもお話ししてきましたが、もし多汗症と呼ばれる疾患であれば自分の場合は全身性多汗症である可能性が高いと思っておりました。

 この全身性多汗症の原因は、肥満が原因であるケースや甲状腺機能亢進症、そして糖尿病が原因となっているケースが多いとのこと。

 実は私の父は糖尿病を発症しており、現在インスリン注射を自分で打つ治療を行なっており、糖尿病への不安はかねてから持っていたこともあり、今回の検査結果では血糖値数値が基準値内であったためその点では安心に繋がりました。

(続きを読む…)

◆微熱・体の倦怠感・眠気が2年以上続く

 微熱が続き毎晩のように寝汗が続く原因不明の病気を発症するようになってから最も辛かったのは、日中の体の強い倦怠感です。

 日中は当たり前ですが仕事をしている為、多少体がきつく倦怠感を強く感じていても仕事自体を休んだことはありません。

 実は寝汗症状がある程度収まり始めた後も、この強い倦怠感はずっと続いており、眠気?というよりは、仕事中に本当に眠る、いわゆる無意識で落ちてしまう時間帯が今でも1日に数回あります。(毎日ではありませんが週3日以上はこのような感じで眠気が強くあります)

 感覚的な話で伝わりにくいかもしれませんが、本当に急激に睡魔が遅ったような感覚の後にいきなり落ちている感じです。

 昔は眠気を感じても我慢し、我慢している内に眠ってしまうような事はよくありました。

 これは学生が授業中にウトウト眠ってしまうようなもので多くの方が同じ経験をされているかと思います。

 しかし、いきなり落ちてしまうような私のような体験をされている方はおそらく私のように寝汗や微熱症状に悩まされている方ではないでしょうか?

(続きを読む…)