寝汗体験.com-症状の特徴・原因・微熱

ひどい寝汗で体重が落ちていった体験談。毎日の微熱・布団がぐっしょり濡れるほどに多い寝汗をかく病気の原因を探りました。

◆アトピー性皮膚炎との関連性の確認

 個人的な話になりますが私は小学生の頃からアトピー性皮膚炎に悩まされているアレルギー性疾患を持っております。
 幼稚園の時は特にアトピーを発症したことはありませんでしたが、小学校の時に親が家を建て団地から新しい家へ引っ越した後に症状が徐々に強く出てくるようになりました。
 それからは症状が強く出るとステロイド剤を使用し、おさまってくると微量のステロイド剤を含むワセリン主体の保湿剤を使用するという流れを何十年も繰り返してきました。

 尚、パッチテストで反応したアレルゲンはハウスダストのみ。
 ハウスダストとはどこの家にも住み着いているとても小さなダニやダニの死骸などのことでこのダニに体が過剰に反応するのがアトピー性皮膚炎を発症しているひとつの要因とのことでした。
 このような経緯もあり皮膚科には毎月のように通い続けているのですが、馴染みのある皮膚科の先生に今回の寝汗と継続的に続く微熱について相談してみることにしました。
 先生はまずアトピー性皮膚炎の人がステロイド系の飲み薬や塗り薬を継続的に使用し続けることで、自律神経系に影響を与える可能性があること。
 またステロイド剤の使用を急遽やめた時なども大量の寝汗症状に悩まされるケースがあることを教えてくれました。
 この日の受診時は全身にポツポツと症状が出ているいつもの状態でしたが、背中部分が全体的に赤らんでいると指摘を受けました。
 こうして見るとアトピー性皮膚炎と寝汗症状に関しても関連性をもつケースがあることもわかります。

 結局、一応治療の継続を行いながら現在の自分の症状についてもアトピー性皮膚炎と本当に関連があるのかについて確認していくことになりました。
 ただ、自分のケースでは寝汗とは別に微熱が長期的に続いていること。
 そして体重が減少している点についてはどうも先生も引っかかる部分があるようで喉の部分を触ったり、睡眠時間や食事など細かい質問をかなり受けました。
 この日は結局、いつもどおりの薬をもらいましたが、痒み止めと保湿を面倒臭がらずに継続して毎日使用すること。
 そして2週間後にもう一度診察に来る予約を入れて帰ることになりました。
 皮膚科の先生もどうやらアトピー性皮膚炎以外の疾患の可能性も考えているようでしたが、どうも自分の症状の原因が他の病気にあるように思えないようなしぐさをしていたのが印象的でした。