寝汗体験.com-症状の特徴・原因・微熱

ひどい寝汗で体重が落ちていった体験談。毎日の微熱・布団がぐっしょり濡れるほどに多い寝汗をかく病気の原因を探りました。

◆大量のひどい寝汗をかく症状が定期的に発症

 寝汗をかくのは例えば夏場の蒸し暑い夜であれば誰もが意外にも大量の寝汗をかくことはあるかと思います。
 子どもや赤ちゃんは新陳代謝も活発であることから特に多くの寝汗をかくと言われますが、私自身が寝汗に悩むようになったのは成人になってからのことです。
 ですから大人になってからひどい寝汗症状を初めて発症した方の場合は病気の可能性なども含めて少しでもご参考になる部分があるかもしれません。
 尚、最も最初に寝汗が多いと感じ始めたのはおそらく2年ほど前のことです。

◆冬なのに寝汗をかくようになる

 寝汗に悩ませれるようになった正確な日にちまではさすがに覚えていません。
 しかし夏場の寝汗であれば熱帯夜と湿気などが原因と考えられますが、私の場合は冬なのに寝汗をかく日が続くようになり不安を感じるようになりました。
 尚、冬場であるにもかかわらず朝起きてみると布団に小さな丸い水のような跡が残っていたのが初めての発見でした。
 見た目で言えば正直なところおもらしに見えなくもありませんが、ひどい寝汗をかいた後は決まって朝がどっしりと思い、けだるいような強い疲労感を得ていました。

【私の寝汗体験の初期症状】
◆体がどっしりと重くけだるい
◆睡眠しただけなのに強い疲労感を感じる

 一時は病気かな?と考えたこともありましたが、この強い疲労感は数日の話でその後はまた特にひどい寝汗に悩むようなことはなくなっていました。

◆定期的に大量の寝汗が出るように

 大量の寝汗が続いていた時は前述したように肉体的な疲労感もあり、また病気かな?という若干の不安からメンタル的にも疲労していた感じがありましたが、この初期症状はすぐに消えていき、落ち着いた生活が数ヶ月続きました。

 しかしここ1年程度前からは、また夜に大量のひどい寝汗をかく症状が定期的に発症するようになりました。
 尚、この再発?と言いますか今回の寝汗は以前の寝汗とは全く異なり、正直前回の状態とは全く比にもならないようなものすごい量の寝汗をかくという特徴があります。
 何ヶ月も下がることのない37度台の微熱と疲労感や倦怠感。
 ここまで来るとやはり病気が原因に潜んでいるとしか思えません。
 寝汗をかく病気にはどのようなものがあるのか?という不安を抱えながら少しずつ調べていった結果少しずつ見えてきたこと。
 病院で検査を行った記録や検査内容などの体験談を寝汗体験.comでは自分の状況の把握の意味も兼ねて記録を続けようと思います。
 もし私と同じように寝汗や長期間に渡る微熱などの悩みを抱えている方がいましたら少しでも参考になれば幸いです。

◆追記

 自律神経失調症や多汗症、そして何ヶ月も続く微熱症状に苦しんで過ごした約2年間程度。

 しかし最近これらの症状が収まりはじめ、先日病院にいったところ特に血液検査・尿検査・そしてX線検査でも問題のない検査結果数値がでました。

 体重も嬉しい?ことに徐々に増え始め(これ以上増えると他の病気を発症する可能性もあるのですが…)一応症状はおさまっているようです。

 しかし前回も一時期症状が収まって再発した経緯もあるので安心はできません。

 ただひとつ言えることは、これらの症状は誰にでも起こり、誰でも治る可能性もあるという点です。

 一応こちらで最近の状況報告を兼ねてご報告しておきます。また、再々発しないように願いますが、もし再発してしまった場合もこちらで報告していきます。